ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

演奏家を疑似体験!小さな子どもでも、気軽に楽器と触れ合える知育アプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

赤ちゃんは音が鳴るおもちゃが大好きだが、子どもの頃、五感を使ってたくさんの体験をすることは、豊かな感性を育むことにつながる。「おやこでリズムオンステージ」は、赤ちゃんや幼児向けの知育アプリで、小さな子どもでも音楽ゲームを遊べるという内容になっている。

ゲームには、楽器をモチーフにした“楽器キャラクター”たちが登場する。楽曲は「アンパンマン」や「となりのトトロ」、「AKB48」といった、誰にでもなじみ深い人気曲から選択できる。楽曲で使う楽器は、ユーザーが自由に選ぶことができ、演奏中に楽器キャラクターを入れ替えることで、楽器の変更をおこなうことも可能だ。それぞれの楽器の音や個性を学びながら、まるで指揮者や音楽プロデューサーになったような気分で、曲を自分なりにアレンジして楽しめるようになっている。

このアプリが特に力を入れたのは音質である。太鼓やシンバルなど、楽器はすべて本物を演奏した音を収録しており、歌もプロミュージシャンが歌唱したものを使用し、子どもが聞いて学ぶための教育アプリとして、高い音質が再現されている。「おやこでリズムオンステージ」は、iPhone、Android両方に対応しており、今後、収録曲のラインナップが追加される予定。

おやこでリズムオンステージ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP