ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「J:COM」が11月よりスマートフォンやタブレットと連携したスマートTVサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ケーブルテレビ「J:COM」のジュピターテレコムが11月よりスマートフォンやタブレットと連携したスマートTVサービスを開始すると発表しました。まずは、11月より第1弾サービスが関西、九州、山口エリアで開始され、その後、全国展開される予定です。J:COMのスマートTVサービス第1弾は、KDDIが開発した「Smrat TV Box」を利用して提供されます。Smart TV BOXは、Android 4.0(ICS)を搭載したケーブルテレビ向けのセットトップボックスで、地デジやBS、ケーブルテレビの番組を視聴することのほかに、テレビ画面でAndroidアプリを利用してWEBサイトを閲覧したり、YouTube動画の視聴したり、KDDI独自のSmart TV BOX向けサービスを利用することができます。また、Smart TV BOXを自宅LANに接続することで、スマートフォンやタブレットはWi-Fi経由でテレビと連携するようになります。連携機能としては、リモート操作を行うことのほか、外付けHDDに保存した録画番組を持ち出して、外出先で視聴することができます。Smart TV BoxはGoogle Playストアに対応しており、Google PlayストアからAndroidアプリがダウンロードできるほか、Smart TV BOX向けアプリマーケット「ケーブルマーケット」からもアプリが入手できます。また、「auスマートパス」、「ビデオパス」、「うたパス」、「LISMO WAVE」といったau利用者向けのサービスも利用できます。11月より始まる第1弾サービスの提供プランは、「スマートお得プランEX」(月額9,975円)とタブレット端末がレンタル提供される「スマートお得プランEX with タブレット」(月額11,550円)の2種類。

Source : ジュピターテレコム



(juggly.cn)記事関連リンク
オリジナル時計デザインを作成できるGalaxy Gearアプリ「Watch Styler」がリリース
Samsung、Galaxy S 4/S III/Note IIの米国モデルにAndroid 4.3へのバージョンアップとGalaxy Gearサポートなどを含む‟Premium Suiteアップグレード”を提供へ
Feedly Proの生涯バージョンが復活、価格は$299

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。