ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒い時期に最適! おいしく食べてホントに痩せる「お鍋ダイエット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


運動が嫌いで何をやっても三日坊主で終わってしまう女性にとって、食べて痩せる「お鍋ダイエット」は、まさに最適なダイエット法! あの倖田來未さんも、出産後、お鍋ダイエットで16kgも痩せたのだとか。
カロリーが低いだけでなく、簡単にできて栄養も取れる「お鍋ダイエット」のコツについて、詳しく知っておきましょう。
■何鍋がダイエットに向いてるの?
当然のことながら、お肉よりも野菜や魚を中心とした鍋がダイエットには向いています。一番のオススメは、湯豆腐や牡蠣鍋など、低カロリーのお鍋。また、体が温まり代謝を高め、脂肪燃焼を手伝ってくれるキムチ鍋もダイエット向きのお鍋なんです。
ちなみに、絶対NGなのがすき焼き! 牛肉や砂糖を使っているため、食べ終わったあと逆に太ってしまうなんてことも…。
■お肉って使ってもいいの?
鶏肉だとササミやムネ肉。豚肉や牛肉であれば肩やモモ部分が低カロリーです。反対に、鳥の皮や豚バラ、肉団子などは、高カロリーなので具材として使わないよう注意したいですね。
■たれをつけて食べても大丈夫?
つけるのであれば、ゴマだれよりもポン酢がオススメ! というのも、ポン酢が大さじ1杯で約9kcalなのに対して、ゴマだれは約33kcalもあるのです。ゴマだれを使うのであれば、つける量に気をつけて食べる工夫が必要です。
■〆の麺やご飯はどうするべき?
鍋のだしは、油が溶けてかなり高カロリーになっているので、基本的にダイエット中は厳禁です! でも〆がないお鍋なんて、楽しくないですよね(笑)。どうしても食べるのであれば、茶碗半分にするなど量を減らす努力を!
高カロリーのものを使わないようにするだけで、とくに難しい決まりもなく、簡単にできてしまう「お鍋ダイエット」。これからの寒い季節にぴったりのダイエット法なので、ぜひチャレンジしてみてください!
Kaki dotenabe image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
プロの栄養士がアドバイス! 三日坊主からさよならできる無料ダイエットアプリ
「やせホルモン」で太りにくい体質になる「サバ缶ダイエット」
じつはダイエットに効果的!? イギリスで人気「トースト」香水

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP