ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年中にOUYAの後継機「OUYA 2.0」が発売される見込み、ゲームコントローラーの刷新も計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidベースの家庭用ゲーム機「OUYA」の開発元がOUYAの後継機となる「OUYA 2.0」を2014年中に発売する予定であることを明らかにしたそうです。これは、OUYAのCEOを務めるJulie Uhrman氏が海外のWEBサイト Polygonからのインタビューで明らかにしたことです。Uhrman氏は、‟我々の計画は来年に「OUYA 2.0」を発売することです。まだOUYA 2.0で何をしたいかを決定している段階で、リリース日も決定していませんが・・・”と述べたそうです。Uhrman氏は今年2月に開催されたDICE 2013で毎年新しいOUYAをリリースしていく計画を明らかにしていたので、後継機が来年中に発売される予定であることはその時から知られています。その詳細はまだ知られていませんが、インタビューでUhrman氏はOUYA 2.0で付属のゲームコントローラーを刷新する予定であることも明かしたそうです。Uhrman氏はDICE 2013において、スマートフォンやタブレット向けの部品が短期間で値下がりすることを活用して製品開発を行っていく方針を明らかにしており、ゲーム機本体のスペックアップも図られていると予想されます。初代OUYAは、NVIDIA Tegra 3 T33 1.6GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM(LPDDR2)、8GB ROM、HDMI端子、オーディオ出力  IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth v4.0、有線LANポート等を搭載しています。Source : Polygon



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCは、ローエンド端末でMediaTekプロセッサの採用を計画
Amazon.co.jpが「Kindle Fire HD 8.9」の価格を4,000円値下げ
Watchout : どの画面からでも写真を撮影できるAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP