ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』最速上映カウントダウンイベントに悠木碧が登壇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年10月26日(土)より全国ロードショーとなる『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』の最速上映カウントダウンイベントが、10月25日(金)新宿バルト9にて開催された。

新房昭之総監督がこれまで手掛けてきた作品を上映する“新房昭之監督作品上映祭2013”の最終日の締めくくりとなる最速上映には、いち早く本作を鑑賞するために集まった400名のファンと、24時からの劇場限定物販を目当てにかけつけた300名、あわせて約700名が新宿バルト9に詰めかけた。

サプライズゲストとして“鹿目まどか”役の悠木碧が登場すると、会場は盛大な歓声と拍手が沸き起こり、一気に場内が熱気に包まれた状態に。これから作品を見る観客に「知っているからすごくしゃべりたい!今すごくネタバレをしたいです!」「今までほむらと同じ目線で観ていた人には、めちゃくちゃいい作品です!観てもらったら分かりますけど、今までのどの作品よりも『まどか☆マギカ』です!」と興奮気味に語った。

また、劇場版3作目にして完全新作となることについて「テレビシリーズや劇場版の「前編」、「後編」は他に抜いたり、変えたりできないくらいキレイに完成された作品だったんです。あの先を誰も想像しえなかったと思う。それに今回新しい物語が付け足されるということに本当に驚いたし、みなさんに観ていただくのが本当にたのしみです」とコメント。さらに「とてもじゃないけど私ひとりの頭の中では追いつかないくらいのいろんなプロの想像が詰まっていて、これが天才たちの集結した作品かと、こんなの絶対ほんとにおかしいよ!と思いました」と矢継ぎ早に語った。

そして「『まどか☆マギカ』を本当に大事に思ってくれている方々が作っている作品なんだなっていうのがよく分かります」と話し、続いて「どのキャラクターもスタッフさんにものすごく愛されています。私の言葉じゃ表現しきれないくらい、とにかく情報量も多いし、ビックリ箱を開けたような作品になっています」と本作についてコメントした。

上映が始まる直前の23時59分には、彼女の合図で観客と一緒にカウントダウンを開始。場内中が一体になったお祭りムードのまま、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』の上映がスタートした。なお、10月26日(土)0時以降からの深夜最速上映は、新宿バルト9を含む全国の上映劇場129館のうち、51館の劇場にて行われたとのこと。

——————————————————–

“新房昭之監督作品上映祭2013”最終日
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』最速上映カウントダウンイベント

日時:2013年10月25日(金) 23:25~舞台挨拶
会場:新宿バルト9 スクリーン9

<登壇者>
登壇:悠木 碧(鹿目まどか 役)
司会:吉田尚記アナ(ニッポン放送)

—-

■『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』

運命に叛いたとき、物語は新たなる結末へ。待望の完全新作、映画化第三弾。

2013年10月26日(土)全国ロードショー

「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックス! 物語は想像を絶する“途方もない結末”へ

少女は、自らの願いと引き換えに魔法少女になる。魔法少女たちは、絶望をまき散らす災厄の遣い・魔女と戦い、やがては自らも絶望に沈み、最後には魔女そのものへと変貌してしまう―。永きにわたり繰り返された、希望と絶望を巡る残酷な連鎖は、鹿目まどかの貴い犠牲によって断ち切られ、世界は新しい理へと導かれた。しかし、魔法少女は戦い続けなければならない。それが、奇跡を願った対価だからだ。まどかへの想いを果たせぬまま、取り残された魔法少女・暁美ほむらは再編された世界でたったひとりで戦い続ける。その少女の想いは、新たなる物語を紐解くのだった。「……覚えているのは、私だけなの?」

2011年に社会現象を巻き起こした全12話のTVアニメシリーズ「魔法少女まどか☆マギカ」。2012年、物語を再編集した劇場版『[前編]始まりの物語』、『[後編]永遠の物語』は異例の大ヒットを記録。2013年、満を持して公開される劇場版第三弾『[新編]叛逆の物語』は、TVシリーズ/劇場版前・後編の正統続編にして劇場版初の完全新作である。円環の理となって概念と化した鹿目まどか、魔力を使いきって命を散らせたはずの美樹さやかと、すでに存在するはずのない二人の登場は何を意味するのか。戸惑いの表情を浮かべる新たな魔法少女・百江なぎさ、彼女はいかなる真実を語るのか。そして、新たに現れる、神の理に抗い世界を蹂躙する存在とは。「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックスがついに描かれる。

<キャスト>
鹿目まどか=悠木 碧
暁美ほむら=斎藤千和
巴マミ=水橋かおり
美樹さやか=喜多村英梨
佐倉杏子=野中 藍
キュゥべえ=加藤英美里
百江なぎさ=阿澄佳奈

<スタッフ>
原作=Magica Quartet
総監督=新房昭之
脚本=虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクター原案=蒼樹うめ 
監督=宮本幸裕
キャラクターデザイン=岸田隆宏、谷口淳一郎
総作画監督=谷口淳一郎、山村洋貴 
エフェクト作画監督=橋本敬史
副監督=寺尾洋之
異空間設計=劇団イヌカレー
異空間美術=南郷洋一 
美術監督=内藤健(stちゅーりっぷ)
美術設定=大原盛仁
色彩設計=日比野仁、滝沢いづみ 
ビジュアルエフェクト=酒井基
撮影監督=江藤慎一郎
編集 松原理恵(瀬山編集室)
音響監督=鶴岡陽太
音響制作=楽音舎
音楽=梶浦由記
主題歌=「カラフル」ClariS、「君の銀の庭」Kalafina
挿入歌=「misterioso」Kalafina
アニメーション制作=シャフト
配給=ワーナー・ブラザース映画

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

関連リンク:

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
⇒http://www.madoka-magica.com/


(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』キャストコメント到着、新キャラCVに小山力也、水樹奈々、麦人、大塚芳忠
「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」BD&DVD特典OSTの音源公開、KONAMIのゲームとのコラボ情報も

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP