ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の日本シリーズ二連覇なるか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月26日、いよいよ今シーズン最後の戦い日本シリーズが幕を開ける! 読売ジャイアンツが手にしたいのは、日本シリーズ2連覇。自身の持つプロ野球記録を更新する史上最多23回目の日本一となる。

【画像や図表を見る】

最終決戦の相手は、シリーズ初出場となる東北楽天ゴールデンイーグルス。パ・リーグの強敵たちを退け、球団創設9年目にして初のリーグ制覇。晴れて日本シリーズの大舞台にやってきた。シーズンを通して強さを発揮していただけに、初出場だからといって、決して油断できる相手ではない。

5月と6月に行われた交流戦の対戦成績は、2勝2敗。まったく五分の戦いである。ただ、敗れた試合はどちらも楽天のエース・田中将大に抑えられた。レギュラーシーズン24勝無敗を記録した相手とはいえ、同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。

今年の巨人打線は、心強い実績を残してきた。チームを牽引する主将・阿部慎之助選手はセ・リーグ3位の32本塁打・91打点を記録し、4番に座る村田修一選手もリーグ日本人選手トップの打率.316をマーク。さらに長野久義選手はリーグ2位の166安打・82得点でチャンスを活かし、坂本勇人選手はリーグ2位の24盗塁と走りまくった。

投手陣に目を向けると、エースの内海哲也投手と新人の菅野智之投手が13勝、そして杉内俊哉投手も11勝と、先発陣が軒並み2ケタ勝利をマーク! さらに中継ぎにはマシソン投手(リーグ1位の40ホールド)と山口哲也(同2位の38ホールド)が相手の反撃を断ち、クローザーの西村健太朗投手が球団記録となる42セーブ(リーグ1位)を挙げ、力強い結果を残している。

日本シリーズは10月26日(土)の第1戦と10月27日(日)の第2戦を敵地宮城で終えると、10月29日(火)の第3戦から10月31日(木)の第5戦まで、“ジャイアンツの聖地”東京ドームで行なわれる。序盤で勝利を収めれば、東京ドームでの胴上げも期待できる! 必ずや満員のファンの前で、その雄姿を見せてくれるはずだ! 2013年、ジャイアンツ最後の『躍動』をこの目に焼き付けるべく、東京ドームへ足を運んでみてはいかがだろうか!
(R25編集部)

巨人の日本シリーズ二連覇なるか?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
巨人が広島に3連勝でCSセ優勝!
王者・巨人、2連覇へのVロード最終章!

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP