ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軟式globeのパークが活動再開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2002年から2003年にかけて、TBSのバラエティ番組『学校へ行こう!』の人気コーナー「B-RAP HIGH SCHOOL」で活躍したグループ「軟式globe」。そのラップ担当であるパークマンサーが、「三代目パークマンサー」として活動を再開させようとしていることが話題になっている。

【画像や図表を見る】

「軟式globe」は、その名前からも察せられる通り、「DEPARTURES」などのヒット曲で知られる音楽ユニット・globeのパロディグループだ。ボーカルの名前は、本家のKEIKOのアルファベットの並びを変えた“KOIKE”で、パークマンサーは、本家ラップ担当のマーク・パンサーを元にしている。

globeのヒット曲「Love again」のサビの歌詞「I’m Fallin’ Love」の部分をKOIKEが「アホだなぁー」と変えて歌い、パークが激しいコミカルな踊りをしながら女性を追いかけ回した際の“ドジ”な体験談を自虐的にラップして、「そうだよアホだよ」と合いの手を入れる彼らの“芸風”は、当時番組を観ていた若者のあいだで絶大な人気を誇った。

そして、10月12日、同グループがおよそ11年ぶりに復活することがYouTubeの動画で発表された。しかし、ボーカル・KOIKEはこの活動には参加しないもよう。そこで、動画では2代目ボーカルオーディションを開催することを告知している。オーディションにはKOIKEも審査員として参加するようで、「(パークに)追いかけ回されてもいいという方は、ドシドシ応募してください」と募集した。

このニュースに、当時彼らにハマった世代は大喜び。ツイッターには、

「元軟式グローブのパークマンサーが復活するらしくて今朝からテンション上がりまくりだってぇ!!!」
「パークマンサーが活動を開始したという話を聞いてつい軟式グローブをYouTubeで観てしまい大笑いする。今でも充分笑えるわー」
「軟式globeのパークマンサーが活動再開と聞いてアホだな~が頭から離れない」
「え、パークマンサー活動再開?! なっつかしーwww学校へ行こう世代大騒ぎだろ、これwwww 自分もモロにそれです」
「いいとも終了より、パークマンサーが実は活動していたことの方が衝撃」
(すべて原文ママ)

などといった声が多数投稿されている。11年経っても、人気はまだまだ継続しているようだ。
(R25編集部)

軟式globeのパークが活動再開はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
DQNネームNo.1は「賢一郎」?
“珍名”バンドの名前の由来とは?
昔なつかしのあの遊びが、現代版に進化中!
「パロディ規定」検討の結果は?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP