ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleが「Google Maps Engine」の公式Androidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleが主に法人ユーザー向けに提供している地図作成サービス「Google Maps Engine」の公式Androidアプリをリリースしました。Google Maps Engineは、Googleマップを使って独自の地図を作成したり、他のユーザーとの作成した地図を共有できるサービスで、今回リリースされたAndroid版はそのクライアントアプリになります。見た目はhGoogleマップのようですが、実際には作成した地図や共有された独自の地図を開いてレイヤーの表示/非表示を切り替えたり、作業管理ツール「Google Maps Coordinate」のチームメンバーの位置情報をリアルタイムに表示する機能しか持っていません。ただ、検索ボックス右側のフォルダアイコンをタップするか、メニューバーの「地図を開く」をタップすればNASAやNational Geographicが一般公開しているカスタム地図を閲覧できたりするので、調味のある方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。「Google Maps Engine」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyのレンズスタイルカメラを直接装着できるXperia Z1用スマートフォンケース「SPA-ACX2」のレビュー
ヤフーがSmartWatch 2用アプリ「雨雲レーダー for SmartWatch」をリリースし、現在地周辺の降雨状況を時計画面で確認できる
インド Lavaが同社初のLTE対応スマートフォン「Xolo LT900」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。