ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5s5c総合満足度はauに軍配

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhone 5s・5cの発売から約1カ月。同一端末だけあって、どの通信会社と契約するか、いまだ頭を悩ませている人も少なくないだろう。

【画像や図表を見る】

そんな人には、この調査が参考になるかもしれない。調査マーケティング会社のイードが、iPhone 5s・5c購入者600名(2013年10月11日~17日 各社200名ずつ)を対象に実施した、『「iPhone 5s/5c」 の通信会社選択に関する満足度調査』の結果だ。

それによると、購入者の満足度がもっとも高い通信会社はau(40.3p)、次いでNTTドコモ(36.9p)、ソフトバンクモバイル(33.5p)の順となっている。

※「p」(満足度指数)…上記調査で「大変満足」「やや満足」と答えた人の合計値から、「やや不満」「大変不満」と答えた人の合計値を差し引いた値(以下、同)

各通信会社のサービスについて項目別に満足度を尋ねてみると、au購入者は「LTEのインターネットの速さ」(51.8p)、「LTEの通信エリアの広さ」(50.7p)と、スマートフォンの“繋がりやすさ”への満足度が際立って高い。今回、5s・5cが800MHz帯へ対応したことで、実人口カバー率約97%と広いカバレッジを誇る同社の800MHz帯を評価するユーザーが多かったようだ。

実際、ドコモ購入者、ソフトバンク購入者とも、「LTEのインターネットの速さ」(ドコモ39.5p、ソフトバンク43.8p)、「LTEの通信エリアの広さ」(ドコモ35.4pt、ソフトバンク35.1p)への満足度が総じて高いものの、au購入者に比べると、水をあけられている。

LTE以外の項目では、3社の差がさほど大きくないことを踏まえると、通信会社選びの満足度にもっとも影響しているのは、LTEの繋がりやすさ、といえそうだ。

ちなみに、5s・5cの端末別に購入者満足度を見てみると、5sが64.7p、5cが53.0pと、5sユーザーの方が満足度は高い。端末性能の高さが、そのまま満足度の数値に表れているようだ。

同端末でありながら、通信会社によって満足度にバラつきが出た今回の調査結果。高機能な端末を使いこなすために、各社の通信環境やサポートサービスの充実度が、スマホ選びの判断軸として重要になっている様子。

いまだ購入を悩んでいる人は、こうした先輩ユーザーたちの声を参考に、あらためて通信会社選びを考えてみると良いだろう。
(R25編集部)

5s5c総合満足度はauに軍配はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
Android端末の注目新機種は
新iPhoneの実力&新機能
新iPhone効果、auに追い風
iPhone5s新機能の使用感は
iPhone争奪戦2013を追う

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP