ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本県内装飾古墳一斉公開!!~実はいつでもみられるわけではない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

熊本県では、秋季と春季の二回、普段見ることができない古墳の内部を見学できる「装飾古墳一斉公開」を開催する。その秋の公開が10月26日(土)と27日(日)の2日間で行われる。

【関連:聖地ファンに密かな人気!最強パワースポット「近畿の五芒星巡り」】

装飾古墳とは、古墳の内部に文様や絵が描かれたり彫刻されているもの。全国に20万基以上ある古墳のうち、装飾古墳は660基にすぎず、そのうち、195基が熊本県に集中している。

この一斉公開の催しは、全国でも珍しい取り組みで、熊本県のほかは、福岡県が行っているのみ。「いつでもみられるわけではない」装飾古墳内部を、専門職員の解説を聞きながら見学できる。

これまで、装飾古墳内の保存環境の維持に最大限の注意を払いつつ、大規模な公開に耐えられる時期を選定し、平成21年から県北の菊地川流域装飾古墳一斉公開として行われてきた。今年は、範囲を広め、人吉方面(球磨郡錦町と人吉市が初参加)まで含めた全11か所が公開される。

なお、公開の際には、装飾古墳内部を専門職員が解説する催しも行われる。公開時間は10時から16時。雨天時は見学できない場合もある。見学料は無料。

――公開される古墳 

▼10月26日(土)、27日(日)両日公開
・袈裟尾高塚古墳(菊池市)
・チブサン古墳(山鹿市)
・横山古墳(山鹿市)
・塚坊主古墳(和水町)
・永安寺東古墳(玉名市)
・大坊古墳(玉名市)
・宇賀岳古墳(宇城市)
・京ガ峰横穴群(錦町)

▼10月26日(土)公開
・石之室古墳(熊本市)
・田川内1号墳(八代市)
・大村横穴群(人吉市)


カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP