ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「生涯現役」だったやなせたかしさん 朝と昼は40回の腕立て

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月13日、『アンパンパン』の作者・やなせたかしさんが心不全のため都内の病院で亡くなった。94才だった。

“生涯現役”を貫いたやなせさんだが、実はその体は満身創痍だった。白内障にはじまり、心臓病、腎臓がんなどを次々患い、自らを“病気の総合商社”と言うほどだった。だが、入院と手術を繰り返しながらも、決して描くことをやめることはなかった。8月末に体調を崩し入院、仕事場と病院とを行き来する日が続いた。

「病院のベッドの上でも仕事を続け、眠っていても頭の中に童話が浮かんでくるほどでした。普通は、年を重ねるごとに創作意欲は落ちてくるものですが、やなせさんはその逆で、年を追うごとにどんどんやりたいことが増えていったのです」(フレーベル館アンパンマン室室長・天野誠さん)

 さすがのやなせさんも、90才を目前に耳も遠くなり、目もよく見えなくなった。やなせさんは周囲に「引退」を宣言した。

 ところが、ほどなくして東日本大震災が起きる。震災直後からラジオで『アンパンマンのマーチ』が繰り返し流れ、被災地の子供たちが、そして大人たちも励まされた。アンパンマン宛ての手紙が、放送局に届いていると聞いたやなせさんは、涙を浮かべながら心を奮い立たせた。

「引退してのんびりしている場合じゃない。引退はやめた。死ぬまで現役だ!」

 そしてひたすら体力づくりに精を出した。毎日朝6時に起床すると、“手首ぶらぶら”から始まり、つかまり屈伸や上体ねじりなどで全身を伸ばすこと40分。“ダンディーにイキがって暮らすのがいちばん”というやなせさんは、それを“ダン爺体操”と呼んで楽しんだ。さらに朝と昼に40回の軽い腕立て伏せもこなしたというから驚きだ。

※女性セブン2013年11月7日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
やなせたかし氏の表現規制への危惧意識をちばてつや氏も継ぐ
アンパンマン著者やなせたかし氏 野菜スープ飲みシミ消える
やなせたかし氏 兵隊時代の記憶が「絶対的な正義」に導いた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP