ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ版「Xperia Z1」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日、KDDIより発売された「Xperia Z1」が、本日はNTTドコモから発売されました。ドコモオンラインショップにおけるNTTドコモ版「Xperia Z1(SO-01F)」の販売価格は89,040円。新規・機種変更時に適用可能な月々サポートは1,890円/月(総額45,360円)で、24か月使用した場合の実質負担金額は43,680円です。Xperia Z1 SO-01Fは、5インチフルHDのTriluminosディスプレイを搭載したSony Mobileのグローバルフラッグシップ「Xperia Z1」のNTTドコモ版です。NTTドコモ版では、ワンセグ、フルセグ、NOTTV、おサイフケータイ、赤外線通信(IrDA)、ドコモサービスに対応するほか、通信機能では、LTE(800/1500/1700/2100MHz)、LTE Category 4による下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsのデータ通信にも対応しています(1,700MHz帯)。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)です。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカード(最大64GB)を搭載。カメラは背面に2,070万画素(1/2.3型Exmor RS、F2.0 27mm Gレンズ、BIONZチップ搭載)、前面にフルHD動画の撮影も可能な220万画素カメラを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信(IrDA)、FOMAハイスピード/Xiに対応。バッテリー容量は3,000mAh。本体サイズは144 x 74 × 8.5mm、質量は141g。カラバリはブラック、ホワイト、パープルの3色です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4”KitKat”ではテレビ向けに様々なUI最適化が行われているらしい
HTCが欧州版「HTC One」のAndroid 4.3 & Sense 5.5アップデート(3.62.401.1)を開始
OPPO N1のCyanogenMod版は11月末に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。