ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SportsTrackLiveの公式AndroidアプリがついにANT+通信に対応、ANT+対応のHRMやフットポッド、ケイデンスセンサーなどが利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウォーキングやランニングの様子をライブ配信できるスポーツコミュニティ「SportsTrackLive」の公式Androidアプリ「SportsTracker」がついにANT+通信に対応しました。ANT+は、2.4GHz帯の無線を使ったデジタル無線通信規格のことで、主にスポーツ、フィットネス、医療関係の機器に組み込まれているセンサーのデータをワイヤレスで転送したり、機器の管理を行う用途で使用されています。今回SportsTrackerがATN+に対応したことで、ANT+対応のハートレートモニター(HRM)、ケイデンスセンサー、フットポッド、サイクルコンピュータなどをアプリと連動させることができるようになります。ANT+対応機器とAndroid端末を連動させるにはAndroid 4.0以上を搭載したANT+対応端末が必要なのですが、USB-OTG対応端末であれば、市販のANT+ドングルをOTGケーブル経由で端末に接続することでも連動させることができます。ANT+機器を接続するには、まず、Google Playストアから「ANT+ Radio Service」をインストールし、Sports Trackerの設定メニューの「ANT+」で機器カテゴリごとに接続設定を行います。SportsTrackerSportsTracker PRO(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが欧州版「HTC One」のAndroid 4.3 & Sense 5.5アップデート(3.62.401.1)を開始
OPPO N1のCyanogenMod版は11月末に発売予定
ヤマハ、NFCに対応したクロックオーディオ「TSX-B72」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP