ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ亀山千広新社長の大ナタで低視聴率『いいとも』を終了に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月22日、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の放送終了間際、司会のタモリ(68才)が“『いいとも!』の終了”という衝撃の事実を報告した。

『いいとも!』といえば、これまでも毎年のように“終了”説が浮上するも終わらない番組として有名だった。今年も7月から番組の一部コーナーにタモリが出演しなくなったため、“体調不良説”も囁かれていた。

「番組終了の理由は、フジテレビ上層部が視聴率で苦戦している昼帯のテコ入れを図ったことなんです。新社長の亀山千広(57才)さんが、“まずは低視聴率が続く『いいとも!』を終わらせるしかない”と大ナタを振るったんです」(フジテレビ関係者)

 1982年10月に放送を開始した『いいとも!』だが、タモリは当初、“ワンクール(3か月)で終わる”と信じていたという。だが蓋を開ければ同時間帯番組で視聴率1位を記録、いつの間にかタモリは“お昼の顔”となっていた。2002年4月には5000回放送を迎え、「生放送単独司会記録」としてギネスにも認定されたほどである。

※女性セブン2013年11月7日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
10年前との視聴率比較でテレ朝以外低調 日テレとフジ2%減

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP