ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中山優馬の新曲“愛までがナイフ”が昼ドラ「天国の恋」ED曲に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

10月28日にスタートするフジテレビ系の新ドラマ「天国の恋」のエンディング・テーマが、NYCのメンバーとしても活躍する中山優馬の新曲“愛までがナイフ”に決定した。 

毎週月曜から金曜の13:30~14:00の枠で放送される「天国の恋」は、床嶋佳子演じる主人公の41歳の主婦が、ジャニーズ事務所所属の内博貴と高田翔が扮する20代の年下男性2人と禁断の恋に落ち、ひとりの母親/女性として葛藤を抱えながらも生きる姿を描く愛憎劇。脚本は、「真珠夫人」「牡丹と薔薇」などの昼ドラで知られる中島丈博が手掛け、川上麻衣子、丘みつ子、ダンカン、大河内奈々子、石原良純、神保悟志、石田純一といった俳優陣が出演。今年1月にデビューした新人シンガーの塩ノ谷早耶香が主題歌“一輪花”を担当することでも話題を集めている。なお、“愛までがナイフ”のリリース情報などはアナウンスされていないので、気になる人はぜひドラマのオンエアをチェックしよう!

★ジャニーズ関連のニュース一覧はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP