ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『大辞泉』主催マイ語釈投稿が盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小学館の国語辞典『大辞泉』が、現在「あなたの言葉を辞書に載せよう」というキャンペーンを実施。本来であれば、辞書で言葉の意味を調べる側である読者が、言葉の意味を投稿し、辞書に掲載するという試みが行われている。

【画像や図表を見る】

このキャンペーンは、小学館監修のデジタル版の国語辞典『デジタル版 大辞泉』が募集しているもの。同辞典は、デジタル版という特色を活かして、年3回の更新を行うとともに、書籍版では難しかった「最新の言葉を辞書で引く」ことを目指している。今回のキャンペーンでは、「愛」「自由」「大人」「失敗」「カワイイ」「友だち」「萌え」「SNS」という合計8つの単語の語釈を募集している。

特設サイト「あなたの言葉を辞書に載せよう」では、各単語について投稿された語釈例を見ることができ、その数はすでに4000以上に達している。投稿にはツイッターやフェイスブックでのシェア数も表示され、その数が多いものを見ると、

(愛)
「人を温かくしてくれるもの。類義語の“恋”は人を熱くさせるもの」

(自由)
「どうしていいのかわからない不自由なさま」

(失敗)
「自分の向上心をより一層強めてくれるもの」

(大人)
「我慢を覚えた子供」

(友だち)
「恋人は身体を裸にするが、友だちは心を裸にする存在」

(カワイイ)
「女子の挨拶」

(萌え)
「自分の違う一面を発見する、予想外の心のざわつき」

(SNS)
「(S)私生活を(N)ネット上に(S)晒すということ」

など、人気を集めているものは、どちらかと言えば語釈というよりは大喜利風。またツイッタ-上でも「#あなたの言葉を辞書に載せよう」というハッシュタグで、多くのツイッターユーザーが語釈を披露している。

語釈の投稿は、Twitter、Facebookなどのほか郵送も可能で詳細は特設サイトで紹介されている。締切は10月31日まで。採用された投稿は、今年12月のデジタル版データ改訂時に掲載される予定で、各単語、最大10個が採用されるとのこと。辞典に自分の解釈が載ることも大きな魅力だが、ツイッター上には、「読んでて楽しい」「こういう試みって面白い」といった声も寄せられており、他人の投稿を読むだけでも十分に楽しめるキャンペーンになっているようだ。
(R25編集部)

『大辞泉』主催マイ語釈投稿が盛況はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「あえて大まじめに考える」サイト
川越シェフ公認のコラ画像大会開催
ネット標語「おぜのかみさま」とは
ネット検索もできるタッチ電子辞書
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP