ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

広角からズームまで高画質!パナソニックのデジタルハイビジョンビデオカメラ3製品

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HDC-HS350

パナソニックは、広角からズームまで高画質で撮影できるデジタルハイビジョンビデオカメラ『HDC-TM70』『HDC-TM60』『HDC-HS60』の3製品を2月20日に発売します。価格はオープンです。

hdc_tm_2

『HDC-TM70』は、世界最大容量となる96GBのフラッシュメモリーを内蔵し、1920×1080のフルハイビジョンで最大41時間の撮影時間を実現。別売りの32GB容量のSDHCメモリーカードと組み合わせて、最大54時間50分の長時間撮影が可能になります。『HDC-TM60』は内蔵フラッシュメモリーが64GBのモデルで、『HDC-HS60』は160GBのハードディスク(HDD)を内蔵するモデル。いずれも、超解像技術『HDクリスタルエンジン・プロ』を搭載し、ハイビジョン撮影のまま35倍までズーム倍率を上げられるほか、35.7mmの広角ワイドレンズにより、従来機種と比べて縦横共に1.2倍の広角でもハイビジョン撮影を可能にしています。

手ブレ補正機能では、ズーム撮影時で目立つゆっくりしたブレも補正できる『新・手ブレ補正』を採用。これにより、歩き撮りなどのワイド撮影から望遠ズーム撮影まで手ブレを抑え、従来製品の約5倍の手ブレ精度を実現しています。

ビデオカメラでは初めて個人認識機能を搭載。登録した人の顔をカメラが認識して、最優先でピントと明るさを合わせます。撮りたい被写体をタッチパネルをタッチして指定することにより、被写体を顔や色で認識してピントと明るさを調整する『追っかけフォーカス機能』、シーンを自動で認識して露出やコントラストを自動で調整する『おまかせiA』など、簡単できれいに撮影できる機能も搭載。初心者でも安心してハイビジョン撮影が楽しめます。

■関連記事
1万円以下のハイビジョンビデオカメラ『YASHICA DVC525HD』
「手ブレ知らず」なデジタルビデオに「メモリーだけ」モデルが遂に登場
ダブルメモリー : キーワード解説塾

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。