ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国でスマートフォンの指紋認証機能を利用した決済サービスが開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本ではまだ行われていないと思われるスマートフォンの指紋認証機能を利用した決済サービスが韓国で始まったそうです。このサービスは韓国で提供されているモバイル決済サービス「BarTong」のオフラインバーコード機能を指紋認証に対応させたものです。BarTongは、現金やクレジットカードが無くてもサービスへのログイン時に1回限り利用可能なバーコードを提供し、制限時間内にそのバーコードをPOSレジのスキャナに読み込ませると支払いを完了できるサービスです。韓国で最近発売されたPantechのAndroidスマートフォン「Vega Secret Note」には指紋リーダーが搭載されており、BarTongアプリにユーザーの指紋を事前に登録し、決済時に指紋認証を行うとバーコードが生成されるというのが今回の‟指紋決済”です。日本のおサイフケータイが指紋認証をクリアしないと使えないことに等しいという程度のもので、現時点ではネットショップなどの決済画面で指紋認証を行うと決済完了といった誰もが思い浮かべるものとは少し異なります。しかし、今後は直接決済を完了させることも可能になっていくのではないかと思います。この決済機能は、CU(韓国のファミマ)、セブンイレブン、Story Way、Buy the wayなどのBarTong加盟店で使用できるそうです。Source : NAVER



(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungがSnapdragon 800プロセッサを搭載した「Galaxy S 4 with LTE+(GT-I9506)」をドイツで発売
ジャパンディスプレイ、12.1インチで4K解像度を実現したタブレット用液晶パネルを開発
LGの曲面ディスプレイスマートフォンがアルゼンチンのテレビ番組内で紹介される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP