ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、スライド型メニューバーを搭載したGoogle Playストア v4.4.21を配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週木曜に存在が判明したGoogle Playストアの新バージョン v4.4の配信が昨夜より始まった模様です。最新版となるv4.4.21で、アプリUIがGoogle Playミュージックやムービー、ブックスに見られるスライド型のメニューバーを採用したデザインに変わりました。追加されたスライド型のメニューバーにはPlayストアトップ画面へのリンクや、前回バージョンまではオーバーフローメニューにあった「マイアプリ」「ウィッシュリスト」「コードを適用」が表示されており、どの画面からでもそれらにアクセスできるようになっています。また、複数のGoogleアカウントを登録している場合は、メニューバー最上部のプロフィール部分よりアカウントを切り替えることができるようになっています。Android Policeの調査によると、v4.4には「Google Play Newsstand」と呼ばれる新サービスの機能が実装されていますが、今のところその機能は有効になっていません。アプリのどこを探しても「Google Play Newsstand」の入り口は見つかりませんでした。Source : XDA DevelopersAndroid Police



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCのタブレット端末は”破壊的”なものになると会長が発言
ケイ・オプティコム、大阪マラソン2013の模様を4K映像で伝送する実験を実施
韓国でスマートフォンの指紋認証機能を利用した決済サービスが開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP