体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUSはFonepadのデュアルSIM対応版として「MeMO Pad 7 ME175」を開発しているらしい

ASUSが「MeMO Pad 7 ME175」と呼ばれる新しいAndroidタブレットを開発していることが先日中国で開かれたASUSの記者会見で明らかになりました。ASUSのタブレット担当プロダクトディレクター Yang Zhihong氏が記者たちに対してその存在を明らかにしました。同氏によると、「MeMO Pad 7 ME175」はデュアルSIM対応バージョンの「Fonepad 7」のことで、プロセッサがQualcomm製に変わっているそうです。ASUSの音声通話機能の付いた7インチタブレットと言えばFonepadシリーズが存在します。なぜ、MeMO Pad 7 ME175がFonepadシリーズの製品ではないのかということについて、同氏は、”FonepadシリーズはIntelプロセッサを搭載した製品ラインだから”と述べたそうです。Source : IT163



(juggly.cn)記事関連リンク
韓国でスマートフォンの指紋認証機能を利用した決済サービスが開始
Google、Androidのパフォーマンス最適化ツール提供元の仏 FlexyCoreを買収
HTC One miniの新色レッドが発表、英国では11月に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。