ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸地検に「けん銃1丁実弾22発返すよ」の公告張り出される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さながら迷い猫ならぬ“迷いけん銃”といったところか。今月9日、神戸地検の掲示板に、こんな公告が貼り出された。
 
 押収したけん銃1丁、実弾22発を返却するので、所有者は所定の期間内に請求しなさい──。

 なんとも物騒な内容だが、これは、押収物還付という制度によるもの。たとえば、事件捜査の押収物を容疑者が「自分の物ではない」と否定した場合、他に持ち主がいることになり返却しなければならない。

「国が勝手に処分すると、憲法上の財産権を侵害することになるので、還付公告の手続きをとります」(元検事の若狭勝弁護士)

 公告から6か月を過ぎても持ち主が現われなければ処分される。だから、返却リストに載るのはけん銃だけではない。他の地検の公告を見ると、「覚せい剤1.9kg」「偽造住民基本台帳カード」から「つまようじ3本」「煙草の吸い殻」なんてものもある。

 しかし、けん銃などの違法品を、本当に返してもらえるのか。

「名乗り出れば返却されますが、その時点で現行犯逮捕されます。だから違法なものは100%近く名乗り出ないでしょう」(同前)

撮影■ウエスト

※週刊ポスト2013年11月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
銃器押収量の日本一は香川「日頃の地道な捜査の成果」と県警
確定申告忘れ 控除申請は5年前までさかのぼって申告可能
警察官の鉄の掟 「拳銃をケースから出したら報告書」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP