体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユービーアイソフト単独イベント『UBIDAY 2013』が今年も開催! 規模が大きくなりフードコードでもコラボ

昨年ベルサール秋葉原にて行われた『UBIDAY 2012』というユービーアイソフト単独イベント。そのイベントが今年も同じベルサール秋葉原で行われた。しかも今年は昨年よりも規模が大きくなりフードコートまで出来ているのだ。

今年の目玉はなんと言っても昨年の『UBIDAY 2012』でもトレイラーが紹介された『ウォッチドッグス』だろう。しかし残念なことに日本版だけでなく海外版も同タイトルは発売延期となってしまい、日本版に関しては発売未定とまでなってしまった。
本来ならWii U、PlayStation 3、Xbox 360、Xbox One、PlayStation 4版と遊ぶことが出来たのだが諸事情により延期せざるを得なくなったようだ。その分クオリティが向上していることを信じよう。

オープンワールドレースゲーム『THE Crew』

同時に発売延期となった『THE Crew(ザ・クルー)』はPC版が体験可能で実際に遊ぶことが可能だった。オープンワールドで作られた世界を縦横無尽に走ることができるこのタイトル。他社の『テストドライブ アンリミテッド(アタリ)』に似ていると思った人もいるのではないだろうか。実はこのゲーム『テストドライブ アンリミテッド』の元スタッフが開発しているのである。
車は実車で、全米を舞台にしたもの。今回の体験版では4人のプレイヤーが競うという内容のミニクエストが体験可能だった。

『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』のPS4版を遊んでみる

今回はなんといっても『PlayStation 4』版の『アサシンクリード 4』が遊べるという貴重な体験ができるということだ。記者は既に前作をPCで遊んでいるのでグラフィックやフレームレートに大幅な進化は見られないが、『アサシンクリード4』の面白さは健在である。今回の試遊機は30フレームだったが、発売までにはフレームレートは60フレームに調節されるのだろうか。『アサシンクリードIII』のPC版が60フレームで動いているだけに気になるところだ。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会