ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは12インチタブレットでGoogleとの提携を希望していたらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが画面サイズ12インチのタブレット端末を開発していると台湾メディアのDigiTimesが上流サプライチェーンメーカーの関係者からの情報として報じています。報道によると、Samsungは当初、12インチタブレットでGoogleとの提携を希望していたそうなのですが、Googleが7インチタブレットに注力していることもあって“Nexus 12”の実現は叶わなかったとされています。Samsungの12インチタブレットについては、現在開発中とみられる未発表の「SM-P900シリーズ」が12.2インチサイズであることが判明しています。今月米国で発売された「Galaxy Note 10.1 2014」が「SM-P600シリーズ」として開発されたことから、「SM-P900シリーズ」はGalaxy Noteブランドの機種になると予想されます。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xperia Z1 SO-01F」と「ARROWS NX F-01F」を10月24日に発売開始
今後CyanogenModは「Community Edition」と「Pro Edition」の2本立てで展開される
KDDI、「Xperia Z1 SOL23」を10月23日より発売、「DSC-QX10」やXperia Z1用アクセサリーも同時に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。