ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Archosが”Titaniumシリーズ”のAndroidスマートフォン4機種「Archos 40/45/50/53 Titanium」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのArchosは現地時間10月17日、”Titaniumシリーズ”の新型Androidスマートフォン4機種を発表しました。今回発表された新モデルは、上図左から4インチWVGAの「Archos 40 Titanium」、4.5インチFWVGAの「Archos 45 Titanium」、5インチqHDの「Archos 50 Titanium」、5.3インチFWVGAの「Archos 53 Titanium」となります。4機種ともAndrod 4.2.2(Jelly Bean)を搭載したスマートフォンで、MediaTek MT6572 1.3GHzデュアルコアプロセッサを搭載。デュアルSIM・デュアルスタンバイ、3G HSPA+に対応しています。もちろんGoogle Playにも対応しているので、Googleアプリを利用できるほか、Google Playストアからアプリをダウンロードすることもできます。4機種の主な違いは画面・本体サイズ、バッテリー容量です。他はほとんど共通しています。価格は、「Archos 40 Titanium」が€99.99、「Archos 45 Titanium」が€129.99、「Archos 50 Titanium」が€149、「Archos 53 Titanium」が€159。日本円に換算すると約13,200円~約21,300円とかなり安めです。Source : Archos



(juggly.cn)記事関連リンク
K3V2 Proを搭載した「Ascend P6S」がAscend P6よりも高いAntutuスコアを出す
Snapdragon APQ8084は最大2.5GHz駆動?
ASUSのペン入力対応スマートフォン「Fonepad Note 6」の開封&ハンズオン動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP