体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sonyのレンズスタイルカメラ「QX10」をiPhoneで使ってみた

日本では10月25日に発売されるSonyのQXレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」をiPhone 5に取り付けてみました。QX10はカメラレンズのボディに1,820万画素のCMOSイメージセンサー、光学10倍ズームレンズ、BIONZ画像処理チップ、メモリカードスロット、バッテリーを内蔵し、Wi-FiとNFCのワイヤレス通信に対応したサイバーショットカメラです。AndroidだけではなくiPhoneにも対応しており、付属の汎用アタッチメントを使えば、iPhoneにもマウントすることができます。(Android編)Sony サイバーショット「DSC-QX10」開封の儀&ファーストインプレッション汎用アタッチメントはスマートフォンを挟むようにして取り付けます。側面を挟む部分はバネで伸縮するようになっており、幅54mm~75mm・厚さ13mm以下のスマートフォンに取り付けることができます。iPone 5も適用対象内で、取り付けると次の写真のようになります。スマートフォンとの接地部分にはゴムが敷かれているのでフレームを引っ掻いたりして傷つけることはありません。バネもけっこう硬い感じなので、本体を軽く振っただけでは外れたりしません。

QX10のボディはカメラレンズだけなので、iPhoneに取り付けると全体がデジタルカメラのように見えます。

iPhoneを挟む部分が長いこともあり、取り付けるとその部分が出っ張ります。

iPhoneでQX10を利用するにはApp Storeで配信中の無料アプリ「PlayMemories Mobile」を利用します。Androidの場合はNFCが使えるのでワンタッチで接続を完了させることができますが、iPhoneの場合はまず、Wi-Fi設定画面でQX10のSSID「DIRECT-NEQ0:DSCQ10」に手動で接続する必要があります(パスワードはQX10本体に印字されています)。そして、PlayMemories Mobileを起動すれば自動的にQX10との接続が開始されます。利用開始までの流れは以上です。

QX10は単体でもズームとシャッターボタンで撮影できますが、PlayMemories Mobileを利用すればQX10のプレビュー画面を見ながら撮影できるほか、撮影モードを変更したり、各種設定値を変更したり、撮影した写真をダイレクトにSNSに共有できます。機能はAndroid版と同じです。もちろん、タッチフォーカスも有効です。

シャッターを切るとQX10で撮影された写真が自動的にカメラロールに保存され、「共有」をタップすると、他のアプリと共有できます。動画の自動転送は非対応です。

撮影モードは「おまかせプレミアムオート」、「プレミアムオート」、「プログラムオート」の3種類。シャッタースピードや絞りを変更する機能は今のところありません。

その他の機能は、QX10に保存された写真をギャラリーUIで閲覧、セルフタイマーの利用、写真サイズの変更、レビューのON/OFF、シャッター音のON/OFFなど。通常のサイバーショットカメラに比べれば機能はかなり限定的です(逆に機能が分かりやすいという見方もできます)。

Source : Sony

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。