ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Dellの新型Androidタブレット「Venue 7」と「Venue 8」が米国で発売開始、WXGAディスプレイとIntel “Clover Trail+”プロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Dellの公式ショッピングサイトで今月上旬に発表された新型Androidタブレット「Venue 7」と「Venue 8」の2機種の販売が開始されました。DellからAndroidタブレットが発売されたのは2011年のStreak 7/Streak 7 4G以来ですね。今回はIntelプロセッサを搭載した低価格な製品で、7インチモデルの「Veune 7」と8インチモデルの「Venue 8」が同時に発売されました。2機種ともAndroid 4.2.2(Jelly Bean)、Intel “Clover Trail+”(Atom Z2560/Z2580)デュアルコアプロセッサ、2GB RAM、前後にカメラを搭載しながらも、Venue 7は$149、Venue 8は$179と、Nexus 7よりも安い価格で販売されています。Venue 7は、7インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶、Intel Atom Z2560 1.6GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM(LPDDR2)、16GB ROM、背面に300万画素カメラ、前面に30万画素カメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応しています。Venue 8は、8インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶、Intel Atom Z2580 2.0GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM(LPDDR2)、16GB/32GB ROM、背面に500万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応しています。Venue 7よりもスペックは少し高いようです。Source : Dell



(juggly.cn)記事関連リンク
Snapdragon APQ8084は最大2.5GHz駆動?
ASUSのペン入力対応スマートフォン「Fonepad Note 6」の開封&ハンズオン動画
QXレンズスタイルカメラやアクションカムをリモート操作できるAndoridアプリ「Remote Camera Utils」がリリース、Sony提供のCamera Remote APIを使用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP