ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元AKB48の女社長・川崎希「AKB時代は私服販売で自転車操業」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や押しも押されもせぬ国民的人気アイドルグループとなったAKB48。2005年、約7000人の中から選ばれた20名の初期メンバーの中に、現在アパレルブランド『ANTIMINSS』の若き社長を務める川崎希さん(26才)はいた。

「軽い気持ちでオーディションに応募したら、あれよあれよと合格しちゃったんです。テレビ局で収録があったり、地方公演に行ったり。まわりは同世代の女の子たちなので、毎日が修学旅行みたいで楽しかったです」(川崎さん・以下「」内同)

 とはいえ、この頃は今ほどの人気が出る前。お金の面でも相当苦労したそう。

「お給料はほんの少しで、交通費程度でした。当然贅沢もできなければ、気に入った服も買えなくて、やりくりしないと生きていけないくらい。それでも、私服イベントなどがあるので衣装はたくさん必要になるんです。毎回同じ格好でイベントに出るわけにはいきませんから、着た服を売って、それを元手に新しい服を買う、ということを自転車操業のように繰り返していましたね」

 華やかな姿の裏に隠されたアイドルの苦労。洋服転売のコツは“できるだけ高く売れる服を買う”ことだという。

「人気雑誌に掲載されている服や、すぐに完売しちゃうブランドのものなど、とにかく人気があって、“欲しい”と思う人が多い服を選びました。同じデザインで色違いのものがあったら、店員さんに“よく売れてるのはどっち?”って聞いてみたり。たくさん売れているもののほうが、欲しいと思う人が多い分、高く売れますから」

 自分の好みより、高く売れることを優先していたというのだから、なんとも涙ぐましい。

 売るのはもっぱらインターネット上のアパレルショップ(注/「洋服買取」で検索すると、全国の買取会社が調べられる)で、買ってから1か月以内に売れば、ほとんど値下がりすることなく売り抜けたという。

「イベントで1回着ただけで、すぐに売りに出すこともよくありました。買った値段より高く売れたらラッキーでしたけど、世の中そんなに甘くはなかったです(笑い)」

 社長となった今では、まとまったお金も持てるようになった。しかし、金銭感覚や癖は当時のままだという。

「無駄遣いはやっぱりできません。大きな買い物はできるようになりましたが、今でも服を買いに行くと“これ、高く売れそう”と考えてしまってることがありますね」

 この先、さらに会社を大きくしていきたいと語る川崎さん。アイドル時代に学んだことは、社長業にも生きている。

「“1分でも遅刻したらクビ”という鉄則があって、実際に遅刻した子が次の日、姿を見せなくて。ほかにも帰宅後、固定電話から家に着いたことを報告したりと、学校では学べない社会のルールを徹底的に叩きこまれました。会社の従業員にも、時間にルーズな行動を取ったら容赦なく怒ります。遅刻してお客さんを待たせたりなんてもってのほか。ちょっとしたことで、簡単にお客さんは離れていってしまいますから」

 26才ながら、さすが、社長としての哲学はしっかりしている。

※女性セブン2013年10月24・31日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
円高でも円安でも利益が出せると人気のFXの仕組み
球場のビール売り子に巨人・杉内俊哉が人気の理由とは何か
全面取引禁止の象牙 中国への密輸目的で3万2000頭の象密猟

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP