体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sonyの新型スマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」は屋外でもけっこう見やすくなりました

Sony Mobileの新型スマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」を入手したので、気になる屋外での視認性を確かめてみました。Sony Mobileは過去に2機種のスマートウォッチ(LiveView、SmartWatch)を世に送り出してきましたが、どちらもOLEDパネルを採用していたせいか輝度が低く屋外での視認性は最悪でした。しかし、3作目となる「SmartWatch 2 SW2」で液晶に変わったので、その点を克服したのかと期待していました。個人的には期待どおり外での視認性は格段に良くなったと思います。文字が見やすくなって時刻や通知を確認するたびに手で画面を覆ったり、日陰を探すようなことが無くなりました。また、SmartWatch 2では画面の明るさを手動で調節することもできるようになっていて、屋内では低めに設定して消費電力を抑えることもできます。1枚目の写真は時刻を表示したところ。ちなみに、ウォッチフェイスはSmartWatch2単独で変更できます。2枚目の写真はホーム画面です。画面が1.6インチに拡大してアイコン数が6個に増えました。

こちらはTwitterのツイートを表示したところ。文字は見やすいです。

こちらはSmartWatch 2で追加された「設定」アプリです。画面輝度、BluetoothのON/OFF、画面の明るさ、通知スタイル、ウォッチフェイス、アプリのON/OFF、時刻・言語の変更などを行なうことができます。

Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
流出したPlayストアアプリで新聞・雑誌の定期購読サービス「Google Play Newsstand」の存在が確認される、10月24日のGoogle Play関連イベントで発表?
Sony Mobile、Xperia Z Ultraに「14.1.B.2.257」ビルドへのアップデートを提供開始
Samsung、「Galaxy Trend Lite(GT-S7390)」「Galaxy Fame Lite(GT-S6790)」をオランダで発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。