ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MicrosoftがAndroid向けリモートデスクトップクライアントをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoftは10月18日、Android向けにWindows PCのリモートデスクトップクライアント「Microsoft Remote Desktop」をリリースしました。アプリは無料。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末。ようやく本家がアプリを出してきましたね。このアプリを利用するとWindows PCをデスクトップごとリモート操作できます。Android端末に接続したキーボードとマウスを使ってPCを操作できるほか、マルチタッチ操作にも対応しており、Windwos 8をタッチジェスチャーで操作することもできます。Windows PC上で再生した音楽や動画の音声もAndroid端末側で再生されます。利用方法は、まず、Windows PC側でリモートデスクトップ接続を有効にします。次に、Android端末でアプリを起動し、画面右上の「+」アイコンから接続先PCの接続名(任意の文字)とIPアドレス/ホスト名を入力して「DONE」をタップ。そして、作成された接続名をタップするとログイン画面が表示されるので、Windows PCのユーザーIDとパスワードでログインします。「Microsoft Remote Desktop」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
中国 UMIがMediaTekの8コアプロセッサを搭載したスマートフォン「UMI X2S」を披露
Xperia LのAndroid 4.3アップデートは11月中旬に実施予定
Google Playストアで電子書籍約80冊の割引セールが期間限定で実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP