ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

棚を作ってくつろぎ空間を作る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

せっかくリビングがあるのに、インテリアの配置がうまくいかなくてリラックスできないんだよなぁ…。どうしたらいいんだろう?

【画像や図表を見る】

「まず、テレビ台の横のテーブルをソファの前に置きましょう。テーブルが荷物置き場になってしまう人も多いと思いますが、リラックス空間にするなら物を置かずスッキリさせたいです」(窪川さん)

では、テーブルに乗せていた荷物はどこに移動すればいい?

「収納を追加しましょう。高さのある棚を使えば、いままでテーブルの上空で持て余していたデッドスペースを活用できます。今回は、キューブ型ボックスを重ねて棚を作りました。この方法なら部屋の幅に合わせて自由に調整できるし、バラバラにして運べるので引っ越しや模様替えもラク。下の方は収納ボックスを入れて隠す収納、上の方はそのままで見せる収納にするとスタイリッシュになります」

組み合わせるだけで簡単にできるのに、見た目はしゃれてて見違えたなぁ。ほかに、リラックス空間にするポイントは?

「ラグを敷けば床でくつろぎやすくなり、一気にリラックスしやすい空間になります。床や壁、もともとあるテーブルやソファに合わせた色や素材のものを選ぶと、雰囲気のある部屋に仕上がります」

ホテルのような部屋を目指して、少しずつ工夫してみよう。

有竹亮介(verb)= 取材・文

窪川勝哉さん [ インテリアスタイリスト]
テレビ、雑誌『Men’s Club』『ELLE DECO』などのメディアを中心に、モデルルームのコーディネイトやホテルの客室コンサルティング、企業カタログなど、多分野で活躍中。「キューブ型ボックスは、部屋の角側が高くなるよう重ねていくと圧迫感が軽減しますよ」
(R25編集部)

棚を作ってくつろぎ空間を作る方法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
オンオフを区切る「布と照明」活用術
デスク回りの立体収納テク
モテ部屋のキモは消臭にあり!?
おしゃれ家具レンタルサービス
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。