ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

個性派バンド、フジロッ久(仮)の新作が〈タワレコメン〉に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

日本語フォーク・ロックを基調としつつ、リーダーの藤原亮(ヴォーカル/ギター)による雑多なジャンルを吸収したユニークな音楽性でカルトな人気を誇るパンク・バンド、フジロッ久(仮)。彼らのニュー・アルバム『ニューユタカ』が11月6日に発売される。 

2011年に発表した初の正式音源『コワレル』に続く本作は、タワーレコードでも新宿店スタッフの推薦によりオススメ・アイテム〈タワレコメン〉として全店で展開する1枚。東日本大震災の発生後に作った最初の楽曲だという“シュプレヒコール”や、メンバーで唯一楽器を持たない高橋元希が作詞/作曲したエモーショナルなナンバー“バンドをやろうぜ”など、計7曲が収録される。トラックリストは下記の通り。

なお、タワーで『ニューユタカ』をお買い上げの方には、先着でオリジナル特典の〈LET’S ROCK!!!ステッカー〉とライヴ音源を収めたCD-Rをプレゼント。確実に入手したい方はご予約をお忘れなく!

 

〈フジロッ久(仮) 『ニューユタカ』収録曲〉
1. はじめの啖呵
2. ニューユタカ
3. punk lover’s dream come true
4. シュプレヒコール
5. バンドをやろうぜ
6. マイノリティ
7. うまれる

 

〈フジロッ久(仮) タワーレコードオリジナル特典・LIVE音源CD-R〉
1. バンドをやろうぜ~アナーキー・イン・ザ・あらかわ
2. シュプレヒコール
3. ニューユタカ

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP