ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、スマートフォンアプリ用APIを提供する特設サイト「docomo Developer support」を2013年11月11日にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは10月18日、同社の保有するスマートフォンアプリ用の各種APIを2013年11月11日より特設サイト「docomo Developer support」を通じて公開すると発表しました。同サイトでは、NTTドコモの音声エージェントアプリ「しゃべってコンシェル」で利用されている「音声認識」や「知識Q&A」のAPIなどが提供され、スマートフォンアプリの開発者はこのAPIを利用して、自身のアプリにドコモアプリにみられる機能を実装することが可能になります。同サイトではAPIに加えて、SDKなどの開発支援ツールも提供するほか、技術サポート窓口も開設されます。同サイトで公開されるAPIは、音声認識:電話機に向かって発声した音声を認識し、内容をテキスト化するAPI文字認識:画像に書かれている単語とその位置を認識するAPI雑談対話:会話文のテキストをもとに、自然でバリエーション豊かな雑談エージェントによる応答をテキストで返すことができるAPI知識Q&A:質問文のテキストをもとに、質問の意図を解釈し、データベースやWebサイトを検索して用意された回答をテキストで返すことができるAPI環境センサー:ドコモ環境センサーネットワークにて観測した全国の環境情報(気温・降水量)の実況値を取得できるAPI各種APIの利用料は無料。利用開始までの手順は、「docomo Developer support」にて開発者アカウントを登録し、同サイトにログイン。使用を希望するAPIを選択して利用申請を行います。NTTドコモ側で申請内容を確認した後、開発用APIキーが発行されます。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモが「データ通信製品キャッシュバックキャンペーン」を実施中、新規購入で10,000円がキャッシュバック
米国でSnapdragon 800を搭載した「Kindle Fire HDX」の発送・販売が開始
Sonyの新型スマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」は屋外でもけっこう見やすくなりました

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP