ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが米国でNexus 5の商品ページを一時的に公開、製品デザインや16GBモデルの価格$349が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが米国のGoogle Playストアで一時的に「Nexus 5」の商品ページを公開していました。現在ページの内容は元に戻ってNexus 5の代わりにNexsus 4が掲載されていますが、その変更前に撮影されたスクリーンショットからNexus 5の製品デザインと価格が判明しました。価格は、16GBモデルが$349とNexus 4 16GBモデルの発売時価格と同じ。流出したサービスマニュアルには32GBの情報も掲載されていたので、おそらく32GBは$399と予想されます。Nexus 5の外観は、Android 4.4“KitKat”模型の設置時に激写された正体不明のNexusデバイスと同じのようです。背面には大きめのカメラレンズと縦表記の“NEXUS”ロゴを確認できます。ホーム画面は壁紙が新しくなり、ランチャーボタンとカメラのアイコンのデザインも新しくなっています。特徴的なのは「ハングアウト」が従来は「メッセージ」だったところに描かれている点。やはり、SMS/MMSクライアントを「ハングアウト」としたのでしょうか。Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
米国でSnapdragon 800を搭載した「Kindle Fire HDX」の発送・販売が開始
Sonyの新型スマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」は屋外でもけっこう見やすくなりました
LenovoがAndroid搭載10.1インチノートPC「Lenovo A10」を発表、液晶部分が300度回転してスタンドにもなる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP