ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寺岡呼人、ソロ活動20周年の新録ベストをタワー限定リリース!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


寺岡呼人 『MASTER PIECE』ジャケット画像

 

ソロ活動20周年を迎える寺岡呼人のベスト・アルバム『MASTER PIECE』が、タワーレコード限定で11月6日にリリースされます!

このベスト盤は本人の選曲による全20曲を新たにレコーディングし、2枚のCDにコンパイルしたもの。“潮騒”“ブランニュージェネレーション”“競争る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ”といった過去のシングル曲や、2012年3月にライヴ会場限定でリリースされた自主シングル収録曲“スマイル”なども収められます。トラックリストは以下の通り。

また、11月9日(土)と10日(日)に東京・日本武道館、同月13日(水)と14日(木)に大阪城ホールで開催される寺岡呼人主催のライヴ・イヴェント〈Golden Circle Vol.18 ~Yohito Teraoka 20th Anniversary Special~〉にて、本ベスト盤にオリジナルデザインタオルとスペシャルリーフレットをセットした会場限定プレミアム・パッケージも販売。ライヴに足を運ぶ予定の人はぜひチェックを!

 

〈寺岡呼人 『MASTER PIECE』収録曲〉
【Disc-1】
1. スーパースター
2. 競争る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ
3. スマイル
4. 大人
5. オリオン座
6. オペラグラス1976
7. ブランニュージェネレーション
8. 花火
9. 夜曲
10. PARADE

【Disc-2】
1. 走れ、機関車!
2. 潮騒
3. あとどれくらい?
4. マチルダ
5. 眼
6. 酔いどれ天使
7. 陽のあたる場所
8. JET MOBILE 2000
9. エンドロール
10. ハローグッバイ

 

寺岡呼人 コメント

1993年11月17日にデビューした僕は、歌う事も、アレンジも、曲作りも素人同然だった。
結局、手探りのまま20年歌い続けた。1年も休まずに。
やっていることは、曲を作って、レコーディングして、ライブをする。
この3つだけ。この3つだけを繰り返しただけだ。

そしてある時「あれ、昔よりも上手くなってる気がする」と感じた。
そして、これはこれだけの時間続けてこないと無理だと思った。
僕がやってきたのは、あれほどならないと誓った“職人”だったのかもしれない。

そして、ゴールデンサークルを通じて様々な人に出会えた事も大きい。
スターダストレビューの根本要さんは「僕は1年1度だけドームでやるような人をミュージシャンと呼ばない。
でも1日でも多くライブをやろうと努力してる人をミュージシャンと呼びたい」と仰っていた。
そんな言葉も僕なりに理解して、ライブを続けてきた事も大きい。

僕の場合、〈石の上にも3年〉ではなく、〈石の上にも20年〉掛かったのだ。

そんな僕の不器用な20年の軌跡がこのアルバムです。
もし気に入ってもらえたら、とても嬉しいです。
そして、気に入ってもらえたら是非〈不器用な職人〉のライブに足を運んでみてください。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。