ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キセキの世代再び登場! 『黒子のバスケ 第2期』クロスレビュー[7.8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013秋アニメクロスレビュー『黒子のバスケ 第2期』

帝光中学校バスケ部。全中三連覇を誇る輝かしい歴史の中でも10年に一人の天才が五人同時にいた時代は「キセキの世代」と呼ばれていた。そして「キセキの世代」には天才五人が一目置いていた選手がもう一人…幻の六人目がいた―。
アメリカ帰りの荒削りなパワープレイヤー高校生・火神大我。彼の入学先、誠凛高校バスケ部で出会ったのは、超・地味な少年、黒子テツヤ。バスケは全然上手くないというかむしろ下手、そして存在感もなさ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、彼こそが「影が薄すぎるゆえの、見えないパス回し」を武器とする「キセキの世代」の幻の六人目だった!
火神とともに打倒「キセキの世代」を誓う黒子。 「影」と「光」の快進撃が今始まる!

制作/プロダクションI.G
監督/多田俊介
声優/小野賢章、小野友樹、木村良平 ほか
10月8日よりスタート
TOKYO MX 毎週火曜日 23:00~
公式サイト:http://www.kurobas.com/[リンク]

2013秋アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.8/10点(レビュアー 4名)

鬼嶋ピロのレビュー

演出 10
脚本 9
作画 10
OP / ED 10
バスケの王子様度 10
-----
総合 10

原作も大人気のアニメ「黒子のバスケ」の第2期な今作、男が見ても女が見ても面白いしクオリティ超高いのが黒バスアニメですなwwwついに紫と赤も登場でキセキの世代が揃っちゃうんだぜww
しかしまぁ、OPから画の出来が良すぎて見ててゾクゾクしちゃったのだよww
アバンは主要キャラの紹介をざざっと、こーゆーサービスは大事ですなww本編自体はストバスの話かと思いきや火神と氷室の話、火神がヘタレなのが完全に悪いので黒子っち正論であるwwグランさん英語クソうめぇwww
そして紫原の登場で第1話は終わるのも良い引きだし、見てれば鈴村さんの声にもいずれ慣れるかなw鈴村さんの高身長キャラって俺のイメージに無いのでww紫なイメージはあるんだがww
試合パートの作画や演出が実はかなり楽しみだったりするので期待しとりますよwww

srbnのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
キャラと名前の覚えやすさ 10
-----
総合 7

周辺事情が騒がしいので観る気が起きなかったのですが今回観てみたら案外面白かったです。髪の色と名字が一致したキャラクターがたくさん出てきてカップリングして遊んでるんでしょ、ぐらいに思ってたのに色の人たちみんな別々の高校にいるんですね。と思ったら火の人と氷の人出てきた。他にも雷とか風とか土とかの属性が名前に入ってる人がいるのかな。今のところキャラクターの性格が全くわからないので中学時代の部分を漫画で読んでみたいと思います。

モンブラン子のレビュー

演出 5
脚本 5
作画 7
OP / ED 8 
イケメンバスケ度 10
-----
総合 6

なんやかんやを乗り越えてようやく始まった黒子のバスケ二期!結構待ちましたよ!!そのまま続きで26話という扱いらしく、新規の方のことは清々しいほどに考えていません。一応お情け程度に主要キャラの紹介はありますが、これから見たい人は1期から見るか漫画を読まないと置いてきぼりを食らうこと間違いなしです。
OPEDの作画が綺麗で嬉しい!青峰君の顔がすごくナルガクルガでいいと思います。1期では出てこなかったキャラクター達がいよいよ出てくるのでそれだけでテンションが上がりますー!
今のところ話や演出のテンポが若干かったるいので、試合になった時にどうスピード感を出してくれるのか期待です。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 8
主人公マジで影薄いな度10
-----
総合 8

はじめてちゃんと見てみた黒子のバスケ。メインキャラは色分けされているのでとてもわかりやすいです。
主人公はとても地味だけど冷静で的確な無表情キャラなのですが、彼がどうのと言うよりは他のキャラが個性的なので問題無さそうですね。
バスケマンガはスラムダンクという大ヒット作がありますが、その当時バスケ部の入部者がめちゃめちゃ多かったんですが
黒子のバスケは自分もバスケやりたい!という感じでは無さそうですね。しかし、これは女の子に人気出るなぁと改めて思いましたよ。
面白いです。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

モンブラン子
90年代00年代のアニメ、声優、ユニットが好き。ここ数年アニメはあまりみていなかったが徐々に復帰。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。