ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生放送バラエティが難しい理由は多数 そこにタモリの凄さあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『あまちゃん』『半沢直樹』と久々の大ヒット番組が生まれたとはいえ、最近はゴールデンタイムの番組でも、視聴率1ケタを記録することが珍しくない。そうしたなかで、改編期になると局内から度々、「ゴールデンタイムでバラエティ番組を生放送しよう」という話が出てくるという。民放テレビ局関係者はこう話す。
 
「生放送は何が起こるかわからないというハプニング性がある。視聴者を惹き付ける重要な要素を持っているので、よく話題に上るのはたしかですね」

 しかしながら、なかなか実現には至らない。どうしてだろうか。

「最近だと、日本テレビが19時台で『スーパー・サプライズ』(2009~2010年)という番組を月曜から金曜の帯番組として生放送に挑戦したが、成功したとは言い難かった。

 今は、情報量を詰め込む番組が主流になっている。生放送だと、どうしても録画と比べて、情報量が少なくなる。だから、なかなか実現できないのです。

 たとえば、スタジオで食べ物が5つ出てきたとします。1つ1つの感想を各タレントがいうと、時間がそれなりにかかります。でも録画であれば、1つの感想はタレントがいって、残りはナレーションでカバーできますからね。短時間でまとめて説明できるのです」(同前)

 加えて、生放送は録画と比べてお金が掛かることも、実現しにくい理由の1つだ。リアルタイムで配信するにはそれなりの設備が必要となるという。

 いまや生放送というと、突発的な出来事に対応しなければならないニュースやワイドショーがほとんど。バラエティで長く続いているのは、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)くらいのものだろう。

「生放送を経験し、慣れているタレントが減ってきたことも大きいでしょうね。今の若手、中堅クラスでは、ほとんどいないでしょう。特に、今は昔と比べて、発言に配慮しなければならなくなってきた。タレントに限らず、スタッフも生放送は録画以上に緊張感が漂います。

 その点、『笑っていいとも』『ミュージックステーション』で週に6本も生放送をしているタモリさんは、やっぱりすごいの一言に尽きます。驚異的ですよ」(同前)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
放送事故防ぐため導入される「10秒遅れ生放送」のカラクリ
オールナイトニッポンの誕生秘話と全盛期エピソードが本に
Mr.マリック ハンドパワー不発にスタジオは驚いたフリする

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。