ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCがデュアルSIM対応の5インチスマートフォン「Desire 709d」、「Desire 7060」、「Desire 7088」を中国で発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが中国で5インチディスプレイを搭載したDesireシリーズの新モデル「Desire 709d」、「Desire 7060」、「Desire 7088」を発表しました。中国以外でも発売されるのかどうかは分かりませんが、もし発売されるとすれば、「Desire 700シリーズ」といったブランドになると予想されます。3機種とも5インチ960✗540ピクセルのSuper LCD2と1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサ(MSM8225Q?MT6589?)を搭載したデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応スマートフォン。3機種の大きな違いは筐体デザインと通信方式の仕様で、他は基本的に共通仕様となっています。「Desire 7088」はGSM/WCDMA/TD-SCDMAに対応した中国移動モデル、「Desire 709d」はGSM/WCDMA/CDMA2000に対応した中国電信モデル、「Desire 7060」はGSM/WCDMAに対応した中国聯通モデルとなります。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)で、HTCのカスタムUIは「Sense 5」を搭載。前面にはBoomSoundスピーカーを搭載したほか、Sense 5の機能であるBlinkFeed、HTC Zoe、VideoHighligts、HTC Shareなども利用できます。Beats Audioには対応していない模様です。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードスロット(最大64GB)も付いています。カメラは背面に800万画素(動画記録サイズは最大1,080p)と前面に210万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNAに対応。バッテリー容量は2,100mAhとなっています。本体サイズは3機種とも145.5x72x10.3mm。Source : HTC China



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、同社の公式スマートフォンサイト「Xperia Home」を「Xperia Lounge Japan」にリニューアル
Sony Mobile、Xperiaスマートフォンのステータスバーデザインを今後のアップデートで変更予定?
KDDI、「URBANO L01」のソフトウェアアップデートを開始、画面の自動回転設定が変更される事象に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP