ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 歩歩高(BBK)が同社の次期フラッグシップスマートフォンの名称を「Vivo Xplay 3S」に決定、解像度WQHD (2560×1440ピクセル)のディスプレイ、Snapdragon 800を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のAV機器メーカー 歩歩高(BBK)が同社の次期フラッグシップスマートフォンの名称を「Vivo Xplay 3S」に決定し、その主要スペックをWeiboを通じて明らかにしました。Vivo Xplay 3Sは昨年のフラッグシップスマートフォン「Vivo Xplay」の後継となるAndroidスマートフォンです。製品の発表時期やフルスペックは公開されていませんが、投稿によると、ディスプレイにはスマートフォンで初めて解像度WQHD (2560×1440ピクセル)のパネルを、プロセッサにはSnapdragon 800を採用しているそうです。また、通信機能では、TD-LTEとFDD-LTEのデュアル4Gに対応。スペックは結構高そうです。同社のスマートフォンは音楽機能に優れるところが特徴で、Vivo Xplay 3Sでもその特徴を継承していると思います。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、スライド型メニューバーを備えたGoogle Playストアアプリを今後リリース? Google未公開のv4.4のスクリーンショットが流出
Xperiaスマートフォンの2014年モデルはQiワイヤレス充電に対応するかも
米アディダス、ランナー向けGPSウォッチ「miCoach SMART RUN」を発表、1.45インチカラータッチパネル、加速度センサー、光学式脈拍計も搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。