ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One maxが香港で発表、10月23日に発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCがHTC Oneの大画面バージョン「HTC One max」を香港で発表しました。香港では10月23日に発売される予定です。香港で発売されるHTC One maxは内蔵ストレージ容量16GBのモデルで、対応周波数はGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、LTE(900/1800/2100/2600Mhz)です。価格は6,198香港ドル(約78,700円)。3GとLTEは日本でも利用できそうですね。香港版の仕様も14日に発表されたグローバルモデルと基本同じです。5.9インチ1,920✗1,080ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 600 APQ8064 1.7GHzクアッドコア、2GB RAM、背面に約400万画素のUltraPixelカメラ、前面に210万画素CMOS、3,300mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetoot v4.0(apt-x対応)、DLNA、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、NFC、赤外線リモコン(IrRC)に対応。Micro SDカードスロットもあります。OSはAndroid 4.3(Jelly Bean)で、新バージョンのカスタムUI「Sense 5.5」を搭載しています。Sense 5.5では、BlinkFeedがGoogle+やRSSフィードの検索・追加に対応したほか、サービス・WEBサイトの個別表示に対応、カメラはスウィープパノラマに対応、QuickSettingsパネルは入れ替えや並べ替えに対応するなど、機能はけっこう増えています。また、HTCスマートフォンでは初めて指紋リーダーを搭載しており、事前に指紋を登録したユーザーであれば指紋リーダーを指でなぞるだけで端末のロックを解除することができます。Source : ePrice HKHTC HK



(juggly.cn)記事関連リンク
米アディダス、ランナー向けGPSウォッチ「miCoach SMART RUN」を発表、1.45インチカラータッチパネル、加速度センサー、光学式脈拍計も搭載
Galaxy Note 3のエアコマンドやアクションメモなどのSペン機能がGalaxy Note IIに移植される
カメラアプリ「Camera 360」がSonyのQXレンズスタイルカメラのリモート操作に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP