ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LG Cloud」のAndroidアプリがv2.0にバージョンアップ、アプリUIがスライド型メニューバーを備えたモダンなデザインに刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGが自社のクラウドサービス「LG Cloud」のAndroidクライアントをv2.0にバージョンアップしました。今回のバージョンアップでアプリUIのリニューアルが実施されました。旧バージョンのトップ画面はコンテンツタイプ別にタイルを並べた古いデザインを採用していましたが、新バージョンでスライド型のメニューバーを備えたモダンなデザインに変わりました。トップ画面では、従来の「フォルダ」の内容が一覧表示されるようになったほか、スライド型のメニューバーにより写真/音楽/動画/お気に入り/ダウンロード済みと表示を切り替え時にわざわざトップ画面に戻る操作が不要になって使いやすくなりました。各コンテンツリストでは表示をリスト/サムネイルで切り替えることやプルダウン更新に対応。さらに、ファイルを復数同時に選択して一括削除・ダウンロードすることもできるようになりました。このほか、音楽プレイリストがサポートされ、クラウド上でプレイリストを作成して音楽をプレイリスト単位で再生することもできるようになりました。「LG Cloud」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
米アディダス、ランナー向けGPSウォッチ「miCoach SMART RUN」を発表、1.45インチカラータッチパネル、加速度センサー、光学式脈拍計も搭載
Galaxy Note 3のエアコマンドやアクションメモなどのSペン機能がGalaxy Note IIに移植される
カメラアプリ「Camera 360」がSonyのQXレンズスタイルカメラのリモート操作に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。