ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon.co.jp、Kindle Fireシリーズの新モデル「Kindle Fire HDX」2機種と「新型Kindle Fire HD」を発表、11月5日より発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazon.co.jpは10月16日、Androidを搭載したKindle Fireシリーズの新モデル「Kindle Fire HDX」2機種と「新型Kindle Fire HD」を発表しました。新型Kindle Fire HDは11月5日に発売予定、Kindle Fire HDXは11月28日に発売される予定です。なお、Amaon.co.jpでは本日より3機種の予約受付が実施されています。日本で発売されるのは全てWi-Fi Onlyモデルです(LTEモデルは発売されません)。ラインアップと価格は以下の通りです。 新型Kindle Fire HD8GBモデル:15,800円16GBモデル:17,800円 Kindle Fire HDX 7インチ16GBモデル:24,800円32GBモデル:29,800円 Kindle Fire HDX 8.9インチ16GBモデル:39,800円32GBモデル:45,800円Kindle Fire HDXは昨年発売されたKindle Fire HDシリーズの後継製品で、7インチモデルの「Kindle Fire HDX」と8.9インチモデルの「Kindle Fire HDX 8.0」の2機種があります。新型Kindle Fire HDは昨年発売された第2世代Kindle Fireに代わる低価格モデルです。Kindle Fire HDXは2機種ともマグネシウムユニボディとガラス繊維強化ナイロン樹脂成形により昨年モデルから軽量化されています、ディスプレイ解像度は320ppi以上に向上したほか、プロセッサはSnapdragon 800 2.2GHzクアッドコアになって処理性能・グラフィックス性能が大幅に向上しています。また、RAM容量も2GBに倍増しています。背面にステレオスピーカーを搭載し、Dolbyサラウンド機能に対応するほか、前面に720p HD動画を撮影可能なカメラを搭載。8.9インチモデルには背面に1080p動画を撮影可能な800万画素カメラが追加されています。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz、アンテナ2本のMIMO対応)、Bluetooth v4.0に対応。8.9インチモデルのディスプレイ解像度は2,560×1,600ピクセル(339ppi)。本体の厚は7.8mm(前作は8.89mm)で、質量は374g(前作は566g)。バッテリー駆動時間は通常使用で12時間、読書で18時間とされています。7インチモデルのディスプレイ解像度は1,920 x 1,200ピクセル(323ppi)。厚さは9mm(前作は10.16mm)で、質量は302g(前作は394g)。バッテリー駆動時間は通常使用で11時間、読書で17時間とされています。新型Kindle Fire HDの主要スペックは、7インチ1,280✗800ピクセルのIPS液晶、1.5GHzデュアルコア(TI OMAP 4470)、1GBのRAM、8GB/16GBのストレージを搭載。カメラやMicro SDカードスロットは非搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz、アンテナ2本のMIMMO対応)、Bluetooth v4.0に対応。背面にはステレオスピーカーを搭載しており、Dolbyのサラウンドオーディオ機能にも対応しています。本体サイズは191 X 128 X 10.6mm、質量は345g。Source : Amazon.co.jp



(juggly.cn)記事関連リンク
レーベルゲート、音楽販売サイト「mora」でハイレゾ音源の販売を開始
NTTドコモとKDDIでGalaxy Note 3とGalaxy Gearが本日発売
Xperia Z1用のスマートフォンケース型QXカメラアタッチメント「SPA-ACX2」が国内で10月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP