ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読書芸人・ピース又吉オススメの本の一節を贈れるAGFギフトのキャンペーン『コーヒーと本の贅沢な時間を贈ろう』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


秋の夜長、コーヒーを飲みながらゆったり読書の時間を楽しんでいる人も多いのでは? そんな“本とコーヒーの時間”を友だちと共有して楽しめるキャンペーン『コーヒーと本の贅沢な時間を贈ろう』をAGFギフトが開始しました。まだ読んだことのない本との出会いを求めて、筆者も体験してみることにします。

AGFギフトの『コーヒーと本の贅沢な時間を贈ろう』は、『アメトーーク!』の『読書芸人』の回でも本への造詣の深さを披露していた、ピースの又吉直樹さんがナビゲーターを務めるキャンペーン。又吉さん自らセレクトした本の一節70本の中から好きな一節を選んで、SNS上の友だちにメッセージを添えて贈ることができます。



本の一節は一覧から選んだり、「わくわく新発見を贈る」「うっとりときめきを贈る」などテーマ別にピックアップしたリストから選ぶことができます。ここでは「しっとり大人の時間」を選んでみることに。

各リストには「ピース又吉イチ押しの一節」がピックアップされていますが、自分で選んでみたいのでリストを読み進めていくと、ちょっと心に響いた一節が。

仕事なんてものは、
なんでもないんです。
傑作も駄作もありやしません。(以下略)
――太宰治『ヴィヨンの妻』

……なんか考えさせられる一節です。仕事でいっぱいいっぱいのときに目にしたら、ちょっとだけ気が楽になりそうですね。『ヴィヨンの妻』、今度本屋でチェックしてみよう。



選んだ一節は『Facebook』や『Twitter』の友人に送信したり、URLをメールやブログに貼って公開することができます。さてこの一節、だれに贈ろうかな。

贈った相手には、抽選でAGFコーヒーギフトが当たるプレゼントキャンペーンも11月8日(金)まで実施中。『〈マキシム〉贅沢スティックコーヒーギフト PUCHI』か『〈マキシム〉ハンディドリップ ちょっと贅沢な珈琲店 グアテマラSHBブレンド 5P』のいずれかが500名ずつ当たります。“本とコーヒーの時間”の素敵なプレゼントになりそうです。


キャンペーンサイトでは、甘いコーヒーもブラックも飲むという又吉さんのコーヒーの楽しみ方や、自身が選んだ本の一節をどんな人に贈りたいかなど、“本とコーヒーの時間”にまつわるインタビュー記事『本とコーヒーと又吉』を掲載。ファンならずとも興味深く読める内容なので、こちらもチェックしてみてください。

『コーヒーと本の贅沢な時間を贈ろう』(AGFギフト)
http://agf-wordgift.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP