ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z SO-02EのAndroid 4.2.2アップデートで、POBox Touchがデコメ予測変換に対応、キー操作バイブの強度の調節も可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

昨日より実施中のXperia Z SO-02EのAndroid 4.2.2アップデートで、Sony Mobileの文字入力アプリ「POBox Touch」がv6.1.1にバージョンアップされました。v6.1.1で、デコメの予測変換に対応したほか、キー操作バイブの強度を調節できるようになりました。デコメの予測変換機能は、spモードメールアプリなどのデコメ対応アプリで、POBoxのキーボードの変換候補から直接デコメを挿入できるというもの。変換候補にデコメが表示されない場合は、設定メニューから「アプリ」→「すべて」タブ→「デコメ絵文字マネージャー」→「データを削除」をタップして初期化してみてください。前回バージョンまで、POBox Touchのキー操作バイブをONにしても振動の強度は固定でしたが、v6.1.1からPOBox Touchの設定メニュー上でスライダーを使って強度を弱くしたり、強くしたりすることができます。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
エイベックスとSamsung、Galaxyシリーズ向けにレコメンド型音楽配信サービス「GAmusic」を10月17日に開始
Rovio、新作ゲームアプリ「Angry Birds Go!」を12月11日にリリース
Amazon.co.jp、Kindle Fireシリーズの新モデル「Kindle Fire HDX」2機種と「新型Kindle Fire HD」を発表、11月5日より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。