ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Nike、リストバンド型フィットネストラッカー「Nike+ FuelBand SE」を発表、日本でも発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Nikeが現地時間10月15日に開催したプレスカンファレンスで、フットネストラッカー「Nike+ FuelBand」の新モデル「Nike+ FuelBand SE」を発表しました。新モデルは日本でも発売される予定です。発売時期は米国、英国、カナダで2013年11月6日。日本、フランス、ドイツでも発売されますが、発売時期は発表されていません。米国価格は$149(約14,500円)。Nike+ FuelBandは、リストバンド型の活動量計で、日常の様々な動きを測定し、記録することで、ユーザーがさらに活動的になることを促すというもの。活動量はNikeFuelという独自の単位で測定され、活動量が増えるとNikeFuelを多く得ることができます。本日発表されたNike+ FuelBand SEは、2012年に発売された初代Nike+ FuelBandのデザインを継承しながらも、アクセントカラーを付けるなどカラーリングを変更しています。本体は防水設計で、ボタンのダブルクリックで時計に戻る機能が追加。さらに、睡眠時間とその質を測定する機能も追加されました。また、低消費電力なBluetooth v4.0/LEに対応しており、従来モデルよりも消費電力の低下が見込まれます。対応機種は新モデルでもなお、iOS端末のみ。Androidには対応していないそうです。Androidへの対応予定も明らかにされていません。詳細は以下のリンクをご覧ください。日本でも発売される予定なので、日本版の発売時期や価格などの詳細が後日発表されると思います。Source : Nike



(juggly.cn)記事関連リンク
聴き放題の音楽サービス「KKBOX」、月額料金 980円が加入日から60日間無料となるキャンペーンを開始
米Best BuyにNexus 5用の展示ディスプレイが設置されているらしい
Google PlayブックスのAndroidアプリがv3.0.15にアップデート、スキャン画像のテキスト検索に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP