ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やなせたかし氏 兵隊時代の記憶が「絶対的な正義」に導いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アンパンマン」シリーズで知られる漫画家のやなせたかし氏が13日、心不全で亡くなった。94歳だった。東日本震災後、当サイトでやなせたかし氏にインタビューしたフリーライターの神田憲行氏が悼む。

 * * *
 私がやなせたかし先生にお会いしたのは、東日本震災からひと月ちょっとした2011年4月13日のことだった。少しお耳が遠い以外はご高齢にもかかわらず、かくしゃくとしたご様子で、自ら「アンパンマンのマーチ」を歌って美声を披露されるひと幕もあった。

 取材のテーマは、当時の被災地で「アンパンマンのマーチ」が人々を勇気づけていることを受けて、その感想とやなせ先生が「アンパンマン」を通じて訴える「正義」についてだった。詳しいインタビューはまだこのサイトに残っているので、是非読んで欲しい。

2011.05.02 16:00「アンパンマンから日本人へ「なんのために生まれて生きるのか」

2011.05.03 16:00「やなせたかし氏 日本人の正義とは困った人にパン差し出すこと」

 いま大ざっぱに要約すれば、やなせ先生の「正義」とは「弱い者に救いの手をさしのべること」だ。第二次世界大戦中、やなせ先生は砲兵として中国に駐留していた。しかし戦後、全ての価値観がひっくり返されて、正義も相対化されていく。そのなかでやなせ先生がたどりついた「絶対的な正義」とは、飢えに苦しんだ兵隊時代の記憶だった。そこから「自分を食べさせて人を救う」ヒーローが生まれた。

「ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を『正義』と呼ぶのです。なにも相手の国にミサイルを撃ち込んだり、国家を転覆させようと大きなことを企てる必要はありません。アメリカにはアメリカの“正義”があり、フセインにはフセインの“正義”がある。アラブにも、イスラエルにもお互いの“正義”がある。つまりこれらの“正義”は立場によって変わる。でも困っている人、飢えている人に食べ物を差し出す行為は、立場が変わっても国が違っても『正しいこと』には変わりません。絶対的な正義なのです」

 3月11日が巡ってくるたびに、私はやなせ先生のこの言葉を思い出していた。震災から2年たった今年の3月11日の時点で、仮設住宅などで避難生活を送る人はまだ31万人もいた。避難先で将来に絶望し、自ら命を絶つ人もいるという。果たしてやなせ先生のいう「正義」がこの国で行われているのか、明らかだろう。

 インタビューの最後に、「この国は復興しますか」という私の質問とも嘆きともつかない言葉に、やなせ先生は大きな笑みをもって応えてくれた。

「出来るのに決まってるじゃないか!」

 しかし復興どころか、困っている人々が助けられる姿を見ないまま、やなせ先生は逝ってしまわれた。それは偉大な才能の喪失だけでなく、この国から「正義感」が失われたことも意味する。私はいま、呆然としている。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アンパンマンから日本人へ「なんのために生まれて生きるのか」
やなせたかし氏 日本人の正義とは困った人にパン差し出すこと
アンパンマンは最初、親や出版社に評判悪かった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。