ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 4.4“KitKat”でサードパーティのSMS/MMSアプリをデフォルトクライアントに設定できる機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが近くリリース予定のAndroidの次期バージョン「Android 4.4”KitKat”」において、SMS/MMSの取り扱いを大きく変更することをAndroid Developers Blogを通じて発表しました。具体的には、Android 4.4でユーザーはシステム設定より“デフォルト”のSMS/MMSクライアントを指定できるようになり、サードパーティのアプリを正式なSMS/MMSクライアントとして利用できるようになります。Googleによると、既存のSMS/MMSクライアントの殆どは非公開のAPIを利用してSMS/MMSの送受信機能を実現しているらしく、Android 4.4でSMS/MMS関連のAPI仕様を変更することで、サードパーティのアプリが正規のSMS/MMSクライアントとして利用できるようにしたとのことです。Android 4.4では、アプリがデフォルトのSMS/MMSクライアントに設定されていない場合、SMS Providerへの書き込み権限が与えられないため、デフォルトクライアント以外からメッセージを送信することができなくなったりします。こうした変更が行われることから、Googleは既存のSMS/MMSアプリの開発者に対して、「できるだけ早く」アプリに適切な変更を施してAndroid 4.4に対応させるよう呼びかけています。また、Android 4.4向けにアップデートしたSMS/MMSアプリをテストできるよう、「まもなく」Android 4.4に対応したSDKコンポーネントを提供するだろうと述べています。Source : Android Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが「Mobile Meter」と呼ばれるモバイル端末のネット利用状況をモニタリングするAndroid/iOSアプリを開発しているらしい
Sonyの米国法人がXperia Z1、Xperia Z Ultra、SmartWatch2の予約受付を開始
LG G Pad 8.3は英国では12月に発売、価格は£216(約33,900円)+VAT、意外と安い

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。