ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4“KitKat”の新機能、Moto Xに見られる音声コマンドの常時待受機能が追加されているという噂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Androidの次期バージョン「Android 4.4“KitKat”」にMoto Xに見られる音声コマンドの常時待受機能が追加されているという情報が海外のWEBサイト SlashGearで伝えられています。現行最新のAndroid 4.3ではGoogle検索アプリを起動してマイクアイコンをタップしないと音声コマンドは実行できませんが、SlashGearによると、Android 4.4“KitKat”ではロック画面やホーム画面を表示している間でも、“OK, Google Now”といったキーワードを話すことで音声コマンドを起動できるようになっているそうです。こういった機能はMotorolaが8月に発売した「Moto X」で初めて目にしました。音声コマンドの常時待受はCPUに負荷がかかることから、Moto Xでは音声コマンドの処理をオフロードする専用のプロセッサコアを内蔵した「Motorola X8」を利用することで、音声コマンドの常時待受を実現しています。そういったことから、他の機種で同じような機能を再現するには専用のハードウェアが必要になってくると考えられます。なので、音声コマンドの常時待受機能の利用可否はハードウェアに依存するものと予想されます。Source : SlashGear



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G Pad 8.3は英国では12月に発売、価格は£216(約33,900円)+VAT、意外と安い
Galaxy Roundの開封映像、バッテリーが異様に細長い
ニコン、Androidミラーレスカメラ「Polaroid iM1836」がNikon 1のデザイン特許を侵害したとして米地裁に販売差し止め訴訟を提起

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。