ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 800を搭載したLenovo K910が中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Snapdragon 800プロセッサを搭載した中国 Lenovoの新型Androidスマートフォン「K910」が中国 工信部の認証を取得しました。K910は今年9月末に中国で披露されましたが、まだ正式には発表されていません。認証を取得した時期を考えれば、まもなく発表・発売されると思います。K910は、おそらく今年春頃に発売された「K900」の後継です。筐体はK900のようなアルミユニボディを採用しており、5.5インチ1,920✗1,080ピクセルのTFT液晶を搭載。K900はIntel Z2580 2GHzプロセッサを搭載していますが、K910はSnapdragon 800 2.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載しています。認証資料によると、OSはAndroid 4.2.2、RAM容量は2GB、カメラは背面に800万画素と前面に130万画素を搭載。本体サイズは150 × 77.7 × 8mm、質量は150g。カラーはブラック1色。通信方式はGSMとWCDMAにしか対応しておらず、LTEには対応していません。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技の新フラッグシップ「Xiaomi Mi3(TD版)」が中国で発売、初回販売数10万台がわずか1分26秒で完売
Xperia Z SO-02EのAndroid 4.2.2アップデートで「番組配信画質設定」オプションが追加、一部のテレビ番組をフルHDで視聴可能に
NTTドコモ、「docomo Wi-Fi」にSIM認証を導入、ログイン操作が不要になるほか、アクセスポイントとの接続時間も短縮

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP