ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ホンマでっかTV』 安心感あるためマツコにはカンペ出さぬ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ふと、なんとなくテレビをつけると、必ずマツコ・デラックス(40才)が出ている──そんな光景が定着して数年が経つ。最初はよくいる「色物」で、そのうちいなくなると思われていた節もあるが、マツコは違った。

 現在出演するレギュラー番組は、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)や『5時に夢中!』(TOKYO MX)、『ホンマでっか!?TV』、『アウト×デラックス』(いずれもフジテレビ系)など計7本。うち、2本は自分の名を冠した冠番組。これまで冠番組を持ったおネエは、ごくわずかしかいない。『ホンマでっか!?TV』総合演出の木村剛さんは、マツコの凄さをこう話す。

「毎回、『ストレス』や『ダイエット』といった大きなテーマは伝えますが、細かい打ち合わせはしません。カンペ(出演者への指示が書かれた用紙)もマツコさんには一切出しませんし、安心しておまかせしています。なんといっても、マツコさんの凄さは、テレビで一喝できるところです。怒っても視聴者に嫌がられない人は大抵、年齢を重ねたかたですが、マツコさんは特別な存在です」

 そんなマツコの最大の魅力が「マツコ語録」と呼ばれる大胆な発言。最近のものから紹介すると──。

 パンケーキブームとその行列店について、「ホットケーキに並ぶとか(信じられない)。だって、ホットケーキだよ。どんなにうまくたって、ホットケーキだよ」と一喝。

 また、今年流行しているひざ上丈の短パンをはく男性についても、バッサリこう切った。

「あれもう気持ち悪いんだけど! もうなんなの、本当に! 流行ってるからって何でも着んじゃねえよ!」

 言われてみれば確かに!とうなずいてしまう発言のオンパレード。好きなコメンテーターランキング(オリコン調べ)では、池上彰さん(63才)に続いて2位に輝いている。そんなマツコ語録の魅力を、作家でコラムニストの亀和田武さんはこう分析する。

「見事に物事の本質を見抜いていて、自分の芯をしっかり持っている。その場の空気や時代の風潮に迎合しません。また、得てして、鋭い発言はあまりいい印象を普通は与えないんですが、マツコさんは、巨躯がその印象を緩和させるんです。だから、視聴者は好意的に受け取れる」

 すでにマツコと知り合って7年経つという『ホンマでっか!?TV』、『アウト×デラックス』のプロデューサー亀高美智子さんは、マツコの魅力をこう話す。

「売れてなかった頃も、売れてる今でも、ずっと素直なんです。今のテレビ業界で、素直さを画面に出せる数少ない人物。その素直さが視聴者から共感を得られるのだと思います」

※女性セブン2013年10月24・31日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マツコ・デラックスの母親 体形・話し方がマツコそっくり
マツコとはるな愛の違いと「オネエ」「ゲイ」の意味とは
マツコ 番組ディレクターに「ホモ受けはいいわよ」と太鼓判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP