ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android端末のロック画面を身近にあるNFCタグで一発解除できるXposedモジュール「NFC LockScreenOff Enebler」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末のロック画面を身近にあるNFCタグで一発解除できるXposedモジュール「NFC LockScreenOff Enebler」がリリースされました。NFC LockScreenOff Eneblerは、端末がスリープ中でもNFC機能を有効にして、事前に登録した任意のNFCタグにかざすことでロック画面を解除できるようにするXposedモジュールです。Motorolaのフラッグシップ「Moto X」と専用NFCタグ「Skip」との組み合わせで利用可能なNFCアンロック機能を手持ちの端末上で実現することができます。このモジュールを利用すれば、たとえパターンロックやPINロックを設定していたとしても、端末をNFCタグにかざすだけでホーム画面が表示されるようになります。NFC LockScreenOff Eneblerを利用するには、端末にXposedフレームワークをインストールした後、Xposedインストーラーのモジュールリストまたは下記のリンクより入手したapkファイルをインストールします。そして、Xposedインストーラー上で本モジュールにチェックを入れて端末を再起動します。端末を再起動後、NFC LockScreenOff Enablerを起動して「NFC Enable when」から「Screen is off」を選択。「Authorized NFC tags」を開き、ロック解除に使用するNFCタグを端末にかざします。NFCタグをかざすと名前の登録画面が表示されるので、好きな文字を入力して「OK」をタップ。これで端末にかざしたNFCタグがロック解除キー代わりになります。NFCタグをかざすと毎回「空のタグ」画面が表示される場合、こちらのスレッドから「Disable NFC Tag Empty」モジュールをインストールして有効にしてみてください。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4 GT-I9505用の公式Android 4.3ファームウェアの新ビルド(I9505XXUEMJ3)が流出
「うまい棒」の早食いゲームアプリ「うまい棒をたべよう!」のAndroid版がリリース
Windows用doubleTwistが「doubleTwist Sync」にリニューアル、MTPモードをサポート、iTunesとの連携を強化、同期オプションを拡充

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP